2009年03月17日

VAIO Type Z VGN-Z90Sのレビューみたいな物を

今更感が否めないですが、一応購入した製品ですのでレビューしていきたいと思います

1.キーボード
正直今までX61sを使用していた反動から、あのキー同士に間隔を設けたアイソレーションキーボードにはあまり期待していませんでした
しかし、ThinkPadほどのキータッチ感は無いですが、思ったよりしっかりとしたタッチ感があるのと、静かなタッチ音で夜間のタイピングも静かに出来そうで、意外にも当方にとっては高評価です

2.液晶
OPのWXGA++液晶ですが解像度が広いので非常に作業をしやすいです
LEDバックライトは正直明るすぎるので、スタミナ設定の輝度ぐらいで丁度良いぐらいですね
ビジネスユースにはうれしいノングレアなので、グレアのような写り込みもなく満足しています

3.スペック
T9600と9300GSでパフォーマンスはモバイルとしては上場です
しかし、T9600は3Dアプリ等をフル稼働させるとファン音が非常に大きく気になります
PシリーズのCPUだと多少は違ったかもしれませんが・・・
某掲示板で話題になっているスロットリングは、2週間程度の使用ですが、当方の個体では発生しておらず、特に問題はありません
ローエンドの9300GSでもDX8.1世代のFF11は特に問題なくプレイできるレベルです

4.モバイル性能
通常電圧版のCPUを積んで1.45Kg(HDD)は立派だと思います
一昔前のLV,ULV版のPCと同じぐらいの重量ですので、特に不便を感じません
X61sと比較すると150g程度増となりますが、特に気になるレベルではありませんね
ただ、この重量に見合わないあのACアダプタは何とかして欲しいですが(笑)

5.Blu-Rayディスクドライブ
特に問題なく付属のWinDVDとの組み合わせでBD視聴が可能でした
外付けのドライブを購入するよりこっちの方が明らかに楽ですね
ただ、DVD2層メディアが焼けないのがちょっと難点ですかね・・・
初めにリカバリメディアを焼いたときに付属のRoxioを削除したせいか分かりませんが、2枚目が全く焼けませんでしたので、一度リカバリ処理をしたら問題なく焼けました
HDMI端子はBD再生としての使い勝手を考えると確かに搭載して間違いはなかったかな・・・(でも高すぎるBD録再機ですがw)

6.付属アプリやインターフェイス
入らない物てんこ盛りです(笑)
VAIO関係が得意とするオーディオ、ビジュアル関係のソフトは全てはじめにアンインストールw
私がVAIOを購入して初めにやることは不要ソフトのアンインストールが定説になってます
Felicaリーダーを付けるとパームレストのデザインが一部変更になることから一体感を好む人からは敬遠されてますが、ソニスタでのelio決済やEdy等のFelica決済をする私としては外付けリーダーが不要なのは非常に使い勝手が良いです
後、先代のType Sでも気になっていたこととしてUSBが2つしかないのは正直不満です
他のモバイルPCを見ていてもこの手のクラスだと3つは搭載している物が多いですが、2つというのは・・・
当方の場合、マウスは必須ですしUSBメモリや外付けHDD等を使用するため最低でも3つは欲しいのです・・・
据え置きで自宅使用の場合はハブかドッキングステーションが必須ですね・・・

7.ワイヤレスWAN
初めはワイヤレスWAN用のカード挿入口がどこにあるのか分かりませんでしたが、あんな場所にあるとは・・・
あの場所なら外れて紛失することは多分無いでしょうが
ただ、ドコモのみしか使えないのは痛い・・・
はっきり言ってコスト重視や手続きの楽さを考えると絶対イーモバイルの方が良いと思います
ドコモの場合、定額データプランの回線契約に加え、専用プロバイダとの契約も必要となり、2つの契約で非常に面倒です
ただ、通信機能を内蔵できると言うメリットはありますが・・・
posted by is200 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。