2009年05月13日

Friio → クイックサン QRS-UT100Bで快適な環境を

Friioは昨年の6〜7月に1台ずつで計2台を所有していますが、そのうちの家族用PCの視聴専用機である1台が局によって映像飛び、音飛び等が激しく見られるようになり不満を漏らすように・・・

再度同品を手に入れることも考えましたが、いかんせん自己責任の商品のため手を付ける気にはなりません
当方の環境ではPC本体は780GのAMDシステムなので問題ありませんが、ディスプレイがHDCP非対応(バッファロー FTD-G911ADであるため、HDCP非対応でも使用できるチューナーが必要になるわけであり、普通に販売しているチューナーではまず無理なのですが・・・

SKNETのHDUSやそのOEM製品であれば、HDCP非対応の環境でも視聴可能である

と言う情報を確認し、そのうちの一つであるクイックサンのQRS-UT100Bを購入しました
4月頃から在庫があることを確認していた量販店で購入したため、購入価格は8980円でした
正直最安値から2000円程度高いですが、確実に動作すると考えられるロットを選択できるという事のほうが重要なため、多少高いのは目をつぶることに・・・(全てポイント支払いにしました)

当方はTVtestを使用する方法で行いました
方法はググればたくさん出てきます
当方はDTV関係ツールにあったマニュアルを参考に行いました
(up0095,up0092があれば一通り出来ると思います)

一通りの作業を行った結果、HDCP非対応のFTD-911ADでもDVI接続でFriioと同様に特に問題なくウィンドウ表示、フルスクリーン表示とも使用できるようになり、リモコンについてもON動作以外はほぼ出来るようになりました
Friio時の映像・音飛びもなくなりさらにリモコンまで追加され快適な環境が構築できました

現在、自分用のTV録画用PCにはFriioを使用しており特に不具合は出ていませんが、これだけ短期で挙動が怪しくなったと事を考慮すると、もう一台QRS-UT100Bを購入して確実な環境を構築したほうが良いかなと考える次第です

PC用の地デジチューナーはすごく便利になったと思います
外部有志の手によって作られたアプリも完成度が高いですし、ちょっとPCの知識があれば普通のレコーダーよりも制約の少ない便利なレコーダーが完成しますので、レコーダーはぶっちゃけいらない子になってます(笑)
(一応確実に録画したい番組の保険という意味で使ってます)
posted by is200 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。