2009年06月16日

早くもケース交換 Windy MAJESTA Rhapsody Mediterranean Edition

R10についてはメーカーに聞いたところ不具合かもしれないとのことで調査行きになりました。
その間ケースが不在になるのもちと気になるので、この際奮発して網一台ケースを購入することにしました
選択したのは星野アイエヌジー(旧星野金属)のWindy MAJESTA RAPSODY ですが、本体側面をホワイトパールマイカ塗装、内部をブルーアルマイト塗装で仕上げた限定モデルであるMediterranean Editionです(2008年12月限定発売)
本当は通常版が20Kを切っていたのでそちらが良かったのですが売り切れだったため、こちらの限定版になりました
アウトレットで送料を入れて約25K(高いですね)でした
まぁ、発売当初はケースだけで50Kほどだったようなのでまぁよしとします。
一応A-品で若干の塗装ハゲ等があるとのことでしたが、本体背面フレーム部分のブルーアルマイト塗装が少しだけはがれていただけで、使用には一切問題なしでした
(当方は気になりませんでしたが、気になる人はマジックとかでペイントすれば全く問題なしというレベルです)

デザイン重視のケースなので、はっきり言って同社のMC3より明らかにケーブルの取り回し等は苦労しますが、見てくれが良いので気に入っています
ただ、ケースにパーツが当たるとアルマイト塗装が傷つくので結構気を遣いますね・・・
(既にVGAの増設に当たり、5インチベイとのクリアランスがギリギリのため5インチベイ支持部に何度も当ててしまい、かすかに傷ついてしまいました(泣)

P1000661.jpg

R10と比較すると、とにかくケースカバーが分厚いですね
下手な曲がりとかR10のような位置ズレも無く好印象です
フレームもMBシャーシと言うだけあってかなり剛性感があります
(R10もフレームの剛性感は結構優れてましたが)
ただ、8cmファンのためR10の12cmファンよりはちょっとうるさいですね・・・
ここは要入れ替えかと思ってます

PCケースの購入で初めてなのですが初期不良に当たったみたいです
・付属品の6角レンチが欠品だった
・ケースファンの1つが動作不良

またメーカーに問い合わせなきゃいけないのか(笑)
posted by is200 at 08:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

サンドリ【ヤーン】

ウィンもランク10になってかなり経ちました

最後にコンプしていないサンドリアに移籍することとしました
移籍に当たっての罠が2つほど

・OPがリセット
・戦績0

なので、ウィンで交換できる物は全て交換してから望みました
(危うく忘れるところだった)

今はOPツアーです(笑)
とりあえず最近はサンド1位なので今のうちに行けるところは行かなくては・・・
posted by is200 at 10:45| Comment(2) | TrackBack(0) | FF11(新) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

ジャンクケース(SONY VAIO PCG-RX52)

家族に譲ったAMDシステムのケースはANTECのFusion Remote MAXというATX対応のケースが付いていますが、やはりでかすぎると不評に・・・

小型のケースはない物かといろいろと物色してみましたが、なかなか良いデザイン物はないですね・・・
というわけで、メーカー既製品のケースを使えないかと思い近くのハードオフを数件ハシゴして見つけたのがPCV-RX52のケースでした

メーカー製の筐体は独自設計ですが取り外しはしやすいですね
特にRの型番はフラッグシップ機種だったこともあり、拡張性もある程度考えた設計になっています

RXを使用するに当たっての課題はあの電源ユニットマウンター部ですね
特殊サイズの電源(今では考えにくい150W電源)似合わせたマウンタのためATX電源は搭載できません
そのためATX電源を搭載するためにマウンタの余分な箇所を外すことに・・・
幸い特殊電源を固定するマウンタ部分はリベットで固定されているだけだったので、電動ドリルで削って分離しました

次の課題は電源背面のスイッチや電源プラグ差し込み口に干渉する部分をカットする事ですね・・・
また、余裕があれば通気を良くするため背面部分をもっとカットor穴開けをする
時間がないため週末に持ち越しです
posted by is200 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

TV録画マシン第2弾(Mini-ITX編)

前回組んだ5050e+780GのAMDPCは家族に欲しいと言われて譲ってしまったため、TV録画用のマシンが無くなってしまいました(涙)

前回はゲーム等のそこそここなせるというコンセプトとAccelero S1を装着するという観点でAntec Fusion Remote MasterというフルサイズのATXケースを使っていたため、設置場所がかなりギリギリでした

そこで今回はコンパクトをコンセプトとして1台構築することにしました

条件は以下の通り
・Micro ATX以下のサイズ
・高さは200mm前後以下,奥行きは400mm以下(理想は300mm前後)であること
以上より選択したパーツは以下の通りです
CPU Intel Pentium Dual-Core E6300 2.8GHz FSB1066MHz L2 2MB
MB Zotac GeForce 9300-ITX WiFi (貴重なPCI-Express×16スロット搭載)
MEM DDR2 800 2GB×2
電源 恵安 静か 450W KT-450AJ-80+(アウトレットの安売り品でプラグイン電源だったのですが、プラグインは拡張向けで罠でした。既に根本からたくさんケーブル出ちゃってます・・・)
Case Abee acubic R10 (C10と悩みましたが、高さが低く、拡張カードの取付と各種ケーブルの取り回しを考えて、あえて奥行きのあるこのケースに)
HDD 自宅にあったWDのWD3200AAKS-B3A (1プラッタ品)
OS RC版のWindows7(Win2000でしのぐか、OS買おうか悩みましたが、もうすぐWindows7が出ることを考えるとRC版で評価しておいて正式版購入しようかなと)

そしてくみ上げてみたのですが・・・
P1000651.jpg
やっぱりATX電源が大きいです・・・(ケースの半分ぐらいのスペース占有)
P1000652.jpg
ケースとCPUファンとのクリアランスはかなりギリギリです
59mm以上の高さのCPUクーラーは付けられないので注意が必要です
(リテールは問題なく取り付けできました)
このケースを使用する際に気をつけることは・・・
・電源はACアダプタ系、もしくは通常電源の場合、下部排気のものを推奨(ケーブル多いと5インチベイにまで干渉します。冷却も電源ファンをアテにしているところがあります)
・大きすぎる電源はPSUブラケットを用いて30mm程度長さを稼げますが、大容量は適していない(そもそも、Atom系のマザー搭載を想定して作られた物なので、致し方ないのですが・・・)

くみ上げるのにケースの狭さもあり1.5hほどかかって完成
P1000649.jpg

ただ、気になることが・・・
P1000650.jpg
ケースの側面カバーと本体シャーシとの間に隙間が微妙にあります・・・
フロントパネル部分には固定具が付いておりますが、そちらで固定すると横側が浮いてしまう始末・・・
正直純国産で2万払ったケースとしては完成度が低い気がします・・・
仕方がないので、ちょっとケースに力を加えそりを無くしましたが、それでも無くならない・・・
メーカーに聞いてみる予定です・・・
posted by is200 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

電源供給コネクタ不要版9600GTを装着

AMDシステムで過去に組んだマザーの780G内蔵グラフィクスの場合、出力の限界がWUXGA止まりです
しかし、先日購入したデルのWFP3008はWQXGAのため、解像度が足りません
そのため、低消費電力でゲームもそこそこ可能なカードを物色することにしました
条件は電源供給コネクタ不要(75W以下の製品)は必須
メモリバスは128bit以上の製品
と言うわけで、候補はHD4600シリーズと9600GT,9800GTのダウンクロックバージョンとなります

総合的に判断した結果、4600シリーズは一番低価格であるが、コストパフォーマンスは9600,9800GTより劣るため、真っ先にボツ
9600GT、9800GTとの一騎打ちですが、前者はTDP59W,後者は66Wで、コアクロックと統合シェーダ数によるパフォーマンス差はあるもののその差は1割程度でほとんど実使用上無視できると思われることから、少しでも消費電力の少ない9600GTにしました
実際にワットチェッカーで測定してみるとオンボード時のアイドル時は約60W前後、高負荷時で約100W前後に対して、アイドル時に約100W前後、高負荷時で約110〜120Wとアイドル時の消費電力上昇は仕方がないにせよ、高負荷時は思ったより低消費電力でパフォーマンスは数倍にもアップしているためかなりの性能底上げが出来ました
今の牛丼かつスリムなVGAは低消費電力版のG92,94チップかRV740あたりがねらい目でしょうか・・・

それにしてもNVIDIAはG92チップを2年ぐらい続けてますね・・・
そのくらい優秀なチップとも言えますが、上位チップの歩留まりが悪さを露呈している気もします
posted by is200 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。