2008年06月16日

怪しいハードなのに使いやすい(笑)Friio

先日には再度注文受付がありましたので、HDCP非対応のPC用にもう1台購入しました。
ドライバと付属のアプリの状態では、ただ視聴するだけならば問題はありませんが、予約とかを考えると全く使い物になりません。

が、しか〜し

こんなに怪しいハードなのに、外部アプリやアドインはなぜか充実(笑)
TvRockで予約が出来るように設定したところ、国産のデジタルチューナーより軽くて機能も豊富なハードとなりました
(データ放送は使えませんが、天気予報とかニュース程度なので、ネットで十分カバーできるし、当方にとって双方向通信機能とかは不要なので)

皮肉にもVGF-DT1とPV4の組み合わせより楽なので、TVの視聴時間が増えるし、無駄に録画もしてしまう始末(笑)
しかも、PV4の時と違い、直接プレーヤーで扱えるファイルなので、変換も不要(データ量は30分で3GB程度)
エンコードすれば十分使い物になりそうです。

VGF-DT1はLANで共有できる&普通の外付けチューナーとして使えるというメリットはありますが、Friioが出てしまった今は存在が微妙ですね。
特にあのクソ使いにくい&重い&アクティベーションが切れたら購入以外方法がないVDTVは何とかして欲しい・・・(当方の環境だとなぜか無線LANで視聴ができない・・・)

もう一台ノートPC用にFriioを買おうか思案中(笑)
posted by is200 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。