2008年08月12日

電源を新調(ENERMAX MODU82+ EMD525AWT)

今まではAntecのPhantom350を使用していましたが、さすがに3年選手ということもあり、変換効率も若干低下していたようです。
(ワットチェッカーで測定したところ、力率が約7割でした。それでも、2ヶ月前に購入したZUMAXのZU-420Wよりも良いのでOKなのですが)

というわけで、メインマシンであることからもあまり電源はケチケチせずに良いものを選択することにしました。

条件として
ActivePFC搭載&高効率&プラグイン方式
を必須とし、価格は1万円前後というところで選んだところ以下の候補があがりました
1.ENERMAX MODU82+ EMD525AWTかEMD425AWT
2.KEIAN 静か80PLUS 400W〜500Wのいずれか

当方の環境の場合、Q9450(TDP95W)Radeon HD 4850 (TDP110W)WD3200AAKS-B3A0(20W〜30W程度)が主な消費先ですので電源は400〜500W程度あれば十分事足りるかと思い候補を選びました

1のENERMAX電源は最新規格のATXVer2.3対応や12V系統が3系統と充実しておりある程度の評判もある。
2の静か80PLUSは価格は安いが12V系統が2系統のみでATXVer2.2と若干古くささが否めないし、発売したばかりでちょっと人柱っぽい・・・

というわけで、1のENERMAXに絞ることに
そこで425Wモデルを視野に入れるも、500Wモデルとの差が2000円〜3000円程度・・・
また、地元ショップではネットの最安値よりも2000円程度高く(13800円)、525Wモデルに至っては4000円程度(18800円)も違う・・・
というわけで、何とか安く買えないか模索していたところ、525Wモデルではありましたが、オークションで13000円即決で未使用という好条件のものがあり、将来の拡張の意味で余裕のある方が安心できるということも手伝って即決

早速届きました
P1010534.jpg

そしてマイマシンに装着したところ
P1010535.jpg

プラグイン方式のおかげで明らかにケース内のケーブル類が少なくなりすっきりしました
P1010541.jpg
Phantom350では不要なケーブルでケース内部がゴチャゴチャするのが唯一の不満だったので・・・

音も静かで静音ケースファンの排気音の方が大きいぐらいです(さすが16dB)
Phantom350は全体がヒートシンクで巨大なコンデンサを搭載していることもあってさすがに重いですが、こちらは1.8kgと非常に軽いですね〜
(おかげでメンテナンスをするときのケースの持ち上げが楽です)

ActivePFCで力率もワットチェッカー測定ではほぼ0.99を推移していますし、消費電力も以前のPhantom350とほとんど差はありません
(力率向上で消費電流は下がっていますのでエコにはなったかな・・・ただ電気料金はワット換算なので料金的には全く関係はありませんが・・・)
posted by is200 at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。