2008年08月24日

時期外れのBDレコーダー購入 SONY BDZ-X90

北京オリンピックも終わりかけで、これからAV家電の売れ行きが鈍化する時期かつ新モデルも近く、現行モデルが底値となっている今全く買うつもりがありませんでしたが衝動買いしました・・・

P1010556.jpg
購入機種はSONYのBDZ-X90です。

購入の決め手は以下の通り

1.サーバー機能(といっても使えるクライアントはPS3ぐらいしかないのですが・・・)
2.XMB(松下よりもSONYの方が直感的に操作ができると思う)
3.デザイン(松下は若干チープ&リモコンが開くタイプはイヤ→リモコン保護のためにサランラップ巻きをするためw)
4.高画質を詠っている(店頭でDVDとBDソースで再生していましたが、DVDはT70,BDはX90なのであまり比較にならなかった・・・)

購入して気づいた要改善なところ・・・
1.地味に消費電力が高い(松下は省電力のシステムLSIユニフィエ搭載もあってBW900は48W)
念のためワットチェッカーで測ってみましたが、起動時は60W〜65W程度、安定すると40〜50W程度、待機電力は高速起動設定で約35W、標準設定で2W程度と、カタログ値76Wよりは低いようです。

2.BDビデオ(BD-ROM)再生時に録画1で録画すると再生が止まる
これは致命的・・・かも
当方、録画用と言うより再生メインで購入したので、この仕様は結構痛い・・・
でも自分で録画したBDMVの場合は録画時でも再生可能みたいなので、上記問題は何とかクリアできそうです
試してみましたができませんでした・・・

3.サーバー機能オンリー
クライアントもあるとよかったのですが・・・(PS3は結構消費電力が・・・)

4.当方所有のヤマハYSP-4000とリンクができない・・・
後発ででたYSP-600ならどうやら可能なようですが、リンク機能のために出費するのは無理・・・
YSPの次期モデルに期待かな(現行も何とか対応してくれるとうれしいのですが・・・)

これはイイ
1.お任せ録画
今まではパイオニアのスグレコ(DVR-DT70)でしたので、使いやすさはよかったですが、そういったコンシェルジュ機能は一切なかったので、最近はあまり録画することが少なくもっぱらDVD再生機に・・・
でも、勝手に録画予約してくれるので、こういう使わせようという機能を付けているのは私にとって意外と新鮮でした
(でも予約リストを見る限り条件を絞らないとすぐにHDDの容量が減りそう)

2.外部メモリも対応
使っていませんが、USB端子で外部メモリも対応
あと一つ欲を出すと外部HDDでの録画も対応してくれ・・・(欲をあげるときりがない)

3.過去の資産を生かせる
当方DVハンディカム所有のためDV端子は意外とうれしいポイント

4.リモコンがシンプル
下部はスライドぶたがついてますが、ほとんど使うことがないボタンで、ふた開け等の余分な機構がないのがグッド

5.Wチューナー
意外とWチューナーって便利ですね・・・(ただ、録画2はDR録画オンリーですが)

とこれから、使い込んでいきます
posted by is200 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。