2008年08月27日

白フリーオの新ドライバ

巷で噂になっているとおり新ドライバのVer1.90では例のカードが無くても視聴できるようにネットワークによる復号システムがどうやら実装されている模様

結論から言うと、フリーオの設定でネットワークにするだけで特に難しい操作もなく、カードなしでの視聴が普通にできました

これでますます、B-CASというシステムの意義が再度問われる事態になってしまったのは避けられないでしょう・・・

もしかすると、このカードが今後不要になるTVやレコーダー等出てくることになるかもしれません
普通の人は多分「何でこんなカードを挿入しないといけないの?」という疑問を持つ方が大半でしょうが、カード部に対するコストは商品代金に埋もれて見えないため、違和感なく使ってしまっているのでしょうね・・・

でもふたを開けてみると、だれもが疑問符を投げつけたくなる内容ですが・・・
放送のデジタル化も勝手に決まったことで、既存のアナログで十分という人もいますからね
CMでも地デジの準備をとか言ってますが、「ユーザー負担を強いるなら無理して地デジにする必要はない」と言いたくなる人が大半ではないでしょうか・・・
posted by is200 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。