2008年09月06日

スピーカー決定&システム完成 DENON SYS-56HT

DENONのAVアンプAVC-1909に組み合わせるスピーカーについて、中古店舗で単品スピーカーをそろえるかいろいろと悩みました。
単品でそろえるといろいろと面倒だし、コストもかかりそうということでセットで手軽に購入できるスピーカーがないかと模索しておりました
灯台下暗しという言葉あるように、DENONからAVC-1909と同時期に発売された5.1chスピーカーシステムSYS-56HTが値段も手軽で簡単に5.1chシステムを構築できそうだったので、スピーカーセットはSYS-56HTとすることにしました。
エントリーAVアンプを狙うユーザーが手を出しやすい価格帯ですし、多分AVC-1909とSYS-56HTを組み合わせるユーザーは結構多いのではないでしょうか

AVC-1909が54800円、SYS-56HTが22000円と、8月末現在の最安値となっていた店舗で通販購入し、計76800円にて7.1chHDオーディオにもフル対応したHDオーディオシステム(スピーカーは5.1ch)を組むことができました
せっかくの7.1ch対応アンプなのに5.1じゃもったいないと思われる方もいるかもしれませんが、7.1chのHDオーディオで収録されているソフトは現在のところ少ないですし、ほとんどが5.1chなので後日必要になればスピーカーを2台増設すればOKだと思います

というわけで、設置

P1010572.jpg

スピーカーがコンパクトで設置はしやすいですし、レイアウトもトールスピーカーと違って非常に自由度があります
サブウーファーは若干大きめですが、設置に困るほどではありません
ただ、欲を言えばヤマハのYSPシリーズとの組み合わせで使えるようなスリムタイプの物がいいのですが・・・

というわけで導入部はここまでにしておいて、次は実際にBDソフトを視聴した感想をYSP-4000と比較してみたいと思います

posted by is200 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。