2008年11月04日

何も言えない国なんですね日本は・・・

Yahooニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081103-00000033-yom-soci

「日本は侵略国家ではない」
という発言が世界的に物議を醸し出しています
しかし、上記記事のタイトルの一部分には私は到底疑問を感じざるを得ません

「謝罪・反省の弁なし」

相変わらず、徹底的に叩くのが好きなマスコミが付けそうなタイトルですね

そもそもなぜ更迭なのか、なぜ定年退職なのか、あまりにも後味が悪すぎませんか?
更迭される理由も全く理解できない

あくまで論文は一個人として提出しているはずなので、国としての見解であるはずはないのですが・・・(立場の問題はあるといえど)
憲法の自由権にある精神の自由は全く無視なのでしょうか?
今回の出来事はある意味違憲な気がしてなりません・・・

それをネタに与党を攻めていこうとする野党も野党ですが・・・

東南アジアをはじめトルコといった国々の日本に対する印象が非常に好意的な事を考えてみてください
日本がやってきたことについて、あまりにも見ていなさすぎではないでしょうか・・・
前航空幕僚長が述べた発言の内容も、政府の公式見解に関しても、未だに真相は不明だと思います

真相を明らかにして議論すべきでしょう
いかにも発言が悪いというような報道が先行していることを見てると、毎回マスコミの報道には失望させられますね・・・
posted by is200 at 07:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一般人は言論、思想、表現の自由はあるでしょう しかしあの人は公人であり思って内輪だけで言っていれば問題ではないでしょ
しかし、政府の統一見解と違った発言を許すような事ではこの国の軍隊の規律を許し、将来の禍根を残すだろう、軍隊にとって自由闊達な議論は混乱の元だよ 極論すればクーデターを画策するのも自由と言われかねない事! あくまでもシビリアンコントロールとは何かを
第一義に考えるべきだろう
Posted by tontyannnm at 2008年11月04日 10:35
マスコミや政府やサヨクが過剰に騒ぐ事
で、かえって田母神氏の論文に真実味が
増してるように思えます。

嘘なら騒ぐ必要はないはずですから。
Posted by パラドックス at 2008年11月04日 10:36
彼の主張には100%同意するが、もう少しソフトな言い方を積み重ねていかないと誤った歴史認識は覆らない。極端な言動は反発を招き売国奴達の攻撃を加速させるだけ。彼が100人いれば流れも変わるだろうが、今はそれに望みを託すしかあるまい。日本の最大の癌はマスコミ、それをどれだけの国民が自覚してるか。
Posted by at 2008年11月04日 10:52
もういい加減自虐史観はうんざりだ。田母神さんはお隣の現在進行形の侵略国家に対抗するためにも必要な人材だった。残念無念。
Posted by at 2008年11月04日 13:24
スーツ姿で謝罪・反省の弁なし
→スーツ姿で堂々と自説を主張

と事実を報道してほしいものだ。
マスコミは事実をありのままに伝えようとしないで、自分たちの意見のために事実を脚色して伝えようとする。

マスコミのこうした横暴さや傲慢さを変えない限り、国民の意識はマスコミに自在に操作されてしまうと思う。
Posted by ヒロシ at 2008年11月04日 15:09
たくさんのコメントありがとうございます
たくさん関心を持たれている人がいるなぁとつくづく実感しますね

私は彼の発言と政府見解のどちらが正しいとかいうつもりはありませんが、少なくとも、これまでの経緯をみていれば、政府見解に対して疑問を抱く人が出てくるのは当たり前のことだと思います。
また、自分の意見を主張することはいくら公僕であろうと日本国民であれば憲法上でも認められている権利ですから、なぜこんなネガティブな騒ぎ立ててをしているのかが全く理解できないです。

この記事もいつものことですが、確証もないネタでも視聴率を稼ぐためにいかなる手段も問わないマスコミに対していつも思っている意見を述べただけにすぎません。
当方としては政府見解と違う見解を持つことはダメだというのはおかしいと思うだけです
Posted by is200 at 2008年11月04日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。