2008年12月17日

HTPCケース(初)

今までスタンダードなタワー型は格安のスチールケースから始まって、高い物では総アルミのケースまでいろいろと手を出してきましたが、HTPC(横置き)ケースは購入したことがありませんでした。
省スペース化とAVセンターとして使用するためにケースを物色・・・(前別のケースを買ったばかりなのにw)

imonでリモートコントロールが出来る環境を作っていることからそれを流用できるか、付属で付いている環境が必要でした

そこで候補に挙がったのはAntecのFusionシリーズ
その中でも4850にAcceleroS1を搭載しており、VGAクーラーの高さがネックとなっている私としてはATXマザーも収まり、高さのあるVGAクーラーにも対応できるFusion Remote Maxにしました

到着したら今のSOLOの環境を移してSOLOは売却です
(ANTECなので外れはないと思いますが、少なくともSOLOと同等の静音レベルを期待したいですね)

Antec Fusion Remote Max 《送料無料》
ATXマザーボード対応横置き型PCケース
商品スペック
電源容量電源別売5インチベイ1
3.5インチベイ0内部ベイ4
USBコネクタ数2IEEE1394コネクタ数1
TSUKUMO 商品詳細バッジ で 2008-12-16 に生成しました

posted by is200 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。