2009年01月22日

VAIO Type P

正直PCに限りなく近いPDAのようなおもちゃとして欲しいなという印象です
ただ、私が見たTypePの印象は、PDA以上PC以下という感じです

正直Nシリーズを積んだネットブックと比較してグラフィック性能の低さが気になりますし、HD動画の描画支援機能とは言っても、再生するプレーヤーがー限られたり等々、制約が多く、ネットブックのように気軽に使える製品というより、玄人向け製品かなという感じはします

あのデザインと軽さが価値なのかなという感じもしますが・・・

とりあえず、まともに使えるように自分がカスタマイズした仕様は
OS 変更無し
CPU Z520→Z540
HDD 60GB→64GBSSD
ワンセグ、Bluetooth、Webカメラ、Lバッテリ、ディスプレイ&LANアダプタ

最も性能と手頃さが確保出来ていると思われる仕様で構築してみると・・・

136800円(1月21日現在)

いや〜高いですねぇ〜
軽さとフルキーボード、高解像度液晶など、付加価値はあります
ただ、比較するのもナンセンスなんでしょうが、Core2を搭載したフルのPCよりも明らかに高い・・・
モバイル機のType Sと比較しても全くカスタマイズしていない状態で約11万かつ性能はフルカスタマイズしたType Pよりも上・・・
多分、この手のニッチなニーズで初めは売れると思いますが、それが一段落したらすぐに数は下がると思います

私としては非力なAtomにVista採用の時点でちょっと受け付けない・・・
このマシンにWindows 7と次世代Atomが組み合わされた時期が買い時かなと思ってます
(それまでこのType Pがあるかが問題でもありますが)

Type Pに対する価値観は海外ではどうやら違うようで、物は良いんだけどやっぱり高い!というのが第一印象らしい
海外の場合だとサイズよりも性能が重視されるという考え方の違いから来ているのだと思いますが

ただ、EM・ONEのWindows Mobileで不満が出ている私としては非常に興味をそそられるガジェットですので、動向は見守りたいと思います

ただ、Type Pを買うならやっぱりType Zのほうが性能的にも満足感は得られるかな・・・
posted by is200 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。