2009年02月26日

ThinkPad W700ds

すでに海外では正式発表がありましたが、ついに日本でもThinkPad W700dsが発表となったようです

価格も最上位モデルで約90万円!
90年代前半のThinkPadの価格を彷彿とさせますね
ちなみにW700の最上位モデルは約75万円なので、セカンドディスプレイの追加で約15万アップです
それにしても、低価格ノートで数万レベルのノートパソコンが主流の中、それに逆行するようなモデルを投入して、ビジネス分野での成功を勝ち取るツールであることがThinkPadらしさなのかもしれませんが・・・

というわけで、またモニターキャンペーンを行うようです
前回のW700のモニター機(X9100,320GB×2 5400rpm)より上位のQX9300と200GB×2 7200rpmのモニター機が3月3日までの期限で購入できるようです
価格は半額以下の約40万円!
元値と登場時期を考えれば破格のような価格ではありますが、前回のモニターでW700を購入した私にはとても手が届く代物ではありませんし、仮にこの価格でも購入する人はかなり限られそうな気がします・・・

でも、セカンドディスプレイの使い勝手はどうなのかというのは気になるところですね・・・

興味のある方はLenovoの直販サイトで受け付けているので一度見てみてはいかがでしょうか?

ちなみに私はシングルディスプレイで十分なので、正直QX9300には興味が引かれますが、今回は確実にパスです(笑)

また、最近のキャンペーンで周辺機器が安く購入できたため、以前から興味のあったW700用のミニドックを購入してみました

また、こちらもレビューしたいと思います
posted by is200 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。