2009年06月16日

早くもケース交換 Windy MAJESTA Rhapsody Mediterranean Edition

R10についてはメーカーに聞いたところ不具合かもしれないとのことで調査行きになりました。
その間ケースが不在になるのもちと気になるので、この際奮発して網一台ケースを購入することにしました
選択したのは星野アイエヌジー(旧星野金属)のWindy MAJESTA RAPSODY ですが、本体側面をホワイトパールマイカ塗装、内部をブルーアルマイト塗装で仕上げた限定モデルであるMediterranean Editionです(2008年12月限定発売)
本当は通常版が20Kを切っていたのでそちらが良かったのですが売り切れだったため、こちらの限定版になりました
アウトレットで送料を入れて約25K(高いですね)でした
まぁ、発売当初はケースだけで50Kほどだったようなのでまぁよしとします。
一応A-品で若干の塗装ハゲ等があるとのことでしたが、本体背面フレーム部分のブルーアルマイト塗装が少しだけはがれていただけで、使用には一切問題なしでした
(当方は気になりませんでしたが、気になる人はマジックとかでペイントすれば全く問題なしというレベルです)

デザイン重視のケースなので、はっきり言って同社のMC3より明らかにケーブルの取り回し等は苦労しますが、見てくれが良いので気に入っています
ただ、ケースにパーツが当たるとアルマイト塗装が傷つくので結構気を遣いますね・・・
(既にVGAの増設に当たり、5インチベイとのクリアランスがギリギリのため5インチベイ支持部に何度も当ててしまい、かすかに傷ついてしまいました(泣)

P1000661.jpg

R10と比較すると、とにかくケースカバーが分厚いですね
下手な曲がりとかR10のような位置ズレも無く好印象です
フレームもMBシャーシと言うだけあってかなり剛性感があります
(R10もフレームの剛性感は結構優れてましたが)
ただ、8cmファンのためR10の12cmファンよりはちょっとうるさいですね・・・
ここは要入れ替えかと思ってます

PCケースの購入で初めてなのですが初期不良に当たったみたいです
・付属品の6角レンチが欠品だった
・ケースファンの1つが動作不良

またメーカーに問い合わせなきゃいけないのか(笑)
posted by is200 at 08:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まったり生活(゚ー゚*)さんへ

ホットマンと申します。
突然のレスをお許しください。
当方、mini-ITXのCUBEケースで地デジ録画機の自作をしようとしています。Windy MAJESTA Rhapsodyも候補です。
自作するにあたり、ネット検索で貴方のこのHPにたどり着きました。
当方もMBは Zotac GeForce 9300-ITX WiFiを考えていますが、TVチューナの選択に迷っています。
貴方はどんなチューナーを使っておられるのでしょうか?
教示いただけたらありがたいです。
Posted by ホットマン at 2009年07月19日 19:14
ホットマンさん

コメントありがとうございます(^▽^)
当方コンパクトなPCを作りたいという理由でこの組み合わせにたどり着きました

まずこのケースを使う上で気をつけたほうがよいこと(当方が苦労したこと)を書いておきますね

・CPUクーラーの取り付けに注意
純正のファンでも意外とチップセットのヒートシンクが大きくクリアランスがぎりぎりのためプッシュピンで4隅を固定するのは普通のATXやM-ATXに比べると結構きついです
サイズが小さいため熱もこもりやすいことからCPUの温度が結構高めになるため、当方はサイズの手裏剣Rev.Bに変えましたが、こいつはもっと取り付けに苦労しました
ヒートシンクが大きいのでプッシュピンの固定に純正以上に苦労します
(最近出た手裏剣の最新は取り付けられるみたいですが、どうやってやるのか見当もつきません)

・意外とうるさい標準ファン
WindyのSS80が2台ついてますが1500rpm程度で回転するためかなりうるさいです
テレビ録画用としてお使いということでしたら音は静かなほうがいいと思うので、結構気になるかと思います
当方は山洋電機の静音ファン(スーパー超静音)にして非常に静かになり快適になりました

・ケーブルの取り回し
ケースが小さいのでケーブルの取り回しはかなり苦労します
(正直5インチベイにドライブをつけたらケーブルをしまうのにかなり気を使うことになるかと・・・)

と、以上を前置きとして本題に移りますが、当方はPCI-ExpressスロットにVGAを積んでましたので、外付けのチューナーを使ってました

このマザーはMini-ITXにしてはかなりインターフェイスも豊富ですし、無理に内部に搭載する必要がないと思ったからです
逆に内部搭載だとチューナーが発する熱を逃がすのも大変でしょうし・・・

あと、HDDをたくさん積むことを考えるとこのケースはあまり選択肢としては好ましくないように思えます
(外付けならありかも)
8cmファンで風量もMC3 FXと比べれば劣りますし、あの狭い筐体ではケーブルの取り回し方によってもエアフローが大きく左右されるかと思います

ちょっとサイズは大きいですが、HDDをたくさん積んでエアフローもきっちりと確保したいならMC3 FXやAbeeのT20

シルバーストンのSST-SG05Bは似たようなサイズですが、Majesta Rhapsodyよりは組み安そうですし、エアフローも確保できそうな気がします

ケースの出来具合にはかなり満足ですが、あまりの作業のしにくさと、本来欲しかったHTPCにチャレンジするので、入れ替えするかもです^^;
Posted by is200 at 2009年07月19日 22:21
まったり生活(゚ー゚*)さん

Windy MAJESTA Rhapsodyについて、実体験を踏まえてのコメントはとても参考になりました。
またTVチューナーも外付けのほうがメリットが多そうですね。
もう一度ケースも含めて構成を再検討したいと思います。
どうもコメント有難うございました。
Posted by ホットマン at 2009年07月20日 00:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。