2006年09月29日

台湾HTC製?

ソフトバンクに社名変更されるボーダフォンですが、その中でも私が注目している端末としてHSDPAに対応した、台湾HTC製の端末です。
無線LAN規格も802.11bとgにも対応し、より高速なネットサーフィンが期待できます。

今使っているW-ZERO3の携帯版のような物なので結構気になります。
(意外とWindows Mobileは使えるので)
W-ZERO3[es]もおバカなMS-IMEではなく、ATOKが入っていたり、ホスト機能があったりと、W-ZERO3よりも多くのバージョンアップがされており魅力的なのですが、一番懸念している材料としては・・・

無線LANの削除

だけなんです。

正直PHSネットワークを使わずに無線LANのみで接続している関係上、無線LANははずせません。
miniSD型の無線LANカードも使えるみたいですが、どうしても出っ張りがあったりきれいにはまらないし、miniSDも多用する私なので、排他利用というのがネックです

次期のスマートフォンにはワークエリアのメモリの増強も含め、W-ZERO3のコンセプトはそのままにesのようなATOKやホスト機能等の付加価値を含めてより成熟したモデルになって欲しいと思います。

出たら多分様子を見て安くなったら買おうかなぁ〜
(とりあえずは今のW-ZERO3で満足ですが、できればATOKも使えたら良かったOrz)
posted by is200 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。