2006年10月01日

AWD+ターボ=燃費が良い!?

高速を約50kmと一般道(アップダウンが約2割ほど)を40kmほど走行して、車内LANでの燃費計の値が14.0km/lまで行きました(自己最高記録)
正直一般道では1500回転以上あげずに走っていましたが、低速トルクの太さでスピードも60kmほどをキープできるので、ほとんど上げることがなく燃費向上につながったという感じです。

昔はターボや4WDというと、燃費が悪いというイメージにつながりがちですが、今のターボや4WDは走る気持ち良さを備えかつ、燃費も改善されていることを示しているというのがまさにレガシィではないかと思います。

マツダも必ずしも売れるセグメントではないですが、ターボ+4WDモデルを積極的に投入していますし、要は使い方、セッティング次第でここまでやれるというのも良くわかりました。

まだプレス発表されていないBMWの新型3シリーズクーペ(335i)を昨日見てきましたが、これもツインターボの車両だそうです。
ですが、スペック上は3000CCで約300馬力,最大トルクも40kgほどと、他社の同容量のツインターボエンジンと比べるとそれほどパワーのあるエンジンではないですが、コンフォート寄りに振っているんでしょうね。

エンジンのセッテイング次第でターボエンジンもじゃじゃ馬から、上品な物へと変わるのだなと今のレガシィを乗っていてもそう思います。
(インプとレガシィのターボはエンジン形式は同じながらも、挙動はまったく別物ですからね・・・)
posted by is200 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(1) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

新型BMW 3シリーズ兄弟集合写真!
Excerpt: こうやって見比べると、クーペはスペシャルな感じがしますね〜。 E90とE92のツーショット。 E90とE91とE92のスリーショット。 E90とE91とE92のスリーショット..
Weblog: BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ
Tracked: 2006-10-01 08:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。