2007年12月11日

ヤマハ YSP-4000レビュー

YSP-4000を購入して1週間ほどたちますので、ちょっと遅いですが簡単なレビューを・・・

私が、この機種を購入した決め手としては

ワンボディでのリアル5.1チャンネル
HDMIの搭載で、CECにも対応

というわけで実際に使ってみました。

まず、セッティング編

やはり本体15kgはかなり重いです
当方のLC-37GS10も27kgありましたが、スピーカー単体でこの重さはかなり重いと感じるかと・・・

やはり重労働になるので、コード接続を先にするか、設置を先にするかを決めてから設置をしてくださいという説明書きがあるぐらいです。

配線も終わり次は部屋のセッティングです
1.インテリビーム用のマイクを使用し、視聴場所に置きます
2.後は自動設定を開始して、10秒以内に部屋を出ます
3.3分後には自動設定完了

という3ステップです(実質2ステップ)

というわけでセッティングは終了です

実際に視聴してみました。
利用ソースは以下の通り

プレーヤー PS3(HDMI接続での5.1ch出力)
ビデオ スターウォーズ エピソード3 シスの復讐

初めのスターウォーズのテーマや高速の乗り物のシーン等では実際にリアにスピーカーが設置されているような感じで視聴することができました。

投資に見合った効果はあったかなぁと思います。
やはりバーチャル5.1のSRS-VS1と比較しても、音の広がりや反響の効果は大きいです。

本当はPS3ではなくて、DVDレコーダーで試したかったのですが、当方所有のパイオニアDVR-DT70の場合、HDMI出力では5.1chソースが2chにダウンミックスされる事が判明・・・
というわけで、今度はHDMIで5.1ch以上の出力ができるDVDまたは次世代ディスクレコーダーに惹かれそうです・・・(お金が・・・)
P1000938.jpg
posted by is200 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。