2008年01月01日

謹賀新年 ねんがんのトリコロールを手に入れたぞ Lenovo(IBM) ThinkPad X61s

皆様、あけましておめでとうございます。
今年もほどほどにいろいろとレビュー等を載せていきたいなぁと思っています。

今年の第1弾はThinkPad X61sです
P1010051.jpg
ソフマップで119800円+ポイント10%(カードで買ったため8%に1000円キャッシュパック)で実質10万円後半台で購入できました。
同仕様をLenovoの通販で買うと約19万(今はキャンペーンで上位プロセッサとHDD、メモリ容量が2倍の仕様で15万強です)
当方以下の仕様でしたがかなりお得だったと思います(実際に昨日展示したばかりで私が最後の在庫購入者だった模様)

仕様は以下の通り
OS Windows XP Professional
CPU 低電圧版 Intel Core2 Duo L7300(1.4GHz)
メモリ DDR2 667 512MB(手持ちの512MBを足して1GBに増設)
チップセット モバイルインテルGM965チップセット
HDD S-ATA 5400rpm 80GB
LAN ギガビット有線LAN 無線LAN インテル Wireless WiFi Link 4965AG(802.11nドラフト対応)
Bluetooth内蔵
その他

会社で2ヶ月前に買ったモバイルノート(Dynabook SS RX1)が2ヶ月足らずで故障し、入院する羽目になったことがきっかけです。(それにしてもこいつは軽かったですが、その分発熱量の多いデバイスを積んでいたりボディの厚みも最小限なので、パームレストやボディ下部が非常に熱くなります)
(買う際、ThinkPadのX61も悩みましたが、ポインティングデバイスと光学ドライブがないということで候補からはずしました)
会社のノートは共同利用のためいつでも使えるわけではなく、個人用にモバイルがほしいと思っていました。
予算的にあまり出せないので、悩んだ候補としては以下のとおり

Dell XPS M1330
候補に選んだ理由
先進の機能をつんだ割には意外と安く、HDMI端子があるのもポイント
候補から脱落した理由
有線LANがギガビットではなく、注文してから時間がかかる

SONY VAIO Type S
候補に選んだ理由
ハイブリッドグラフィックシステムやAV機能が整っていること
候補外になった理由
無線LANが802.11n(ドラフト1.0のため最大144Mbps)であったこと。(XPモデルでは最新の2.0が使われているので問題はクリアしています)
予算オーバーのため(自分がほしい使用をそろえると軽く20万は超える)
後は、液晶パネル部分の剛性感のなさが気になったことと、意外と下部ボディが分厚かったこと(これはM1330にも言える)

上記2機種は8400GSを積んでいるのもポイントでしたが、正直8400GSではDX10世代のアプリはもちろんまともにプレイするのはつらいし、DX9世代のアプリでも旧世代のチップと比較するとパフォーマンスで劣る可能性があったことが割高な要素と感じられたので(OPでつけると10000円ぐらいアップする)没に(GMA X3100に毛の生えた程度かな)
後、モバイルにはちょっと重いし、解像度ももう少しあったらいいなぁ(無謀かな・・・)

ThinkPad T,Xシリーズ
理想はThinkpad Tシリーズでした
当方NECのLavie RXの初代機(Mobility Radeon 9600搭載)のゲームもできる軽量ノートを持っていますが、このようなハイパフォーマンスで持ち運びもできる14.1型SXGA+の液晶を搭載したノートがほしいと思っていました。
しかし、T61の場合はWXGA+・・・
国産もこのジャンルを残しているものといえば、レッツノートのY7かVAIOのTypeBXぐらいでしょう
この2つは価格が高いため選択肢から除外しました

そうすると候補は必然的にThinkPadになります
T60にするかとも思いましたが、T61との価格差がほとんどないため、T61に絞りました。
一時期T61pが27万円台のキャンペーンがあったので、物欲が働きましたが、搭載プロセッサとビデオチップがいくらワークステーション向けといってもミドルレンジ帯のものであったことと、やはりモバイルなので3kgは耐えられないということで、却下
後、残ったのはT61なので、T61に絞ろうと考えていました

でも、よく考えればやりたい作業を考えるとワープロやネットサーフィン程度なので、それほど高いパフォーマンスがなくてもいいかと感じ、中古も探してみましたが、意外と中古品は高い^^;

そこで、フラフラと立ち寄ったソフマップで見つけたのが今キーボードをたたいているX61sです。
2007年の夏季に発表されたモデルではありますが、当時20万弱のPCがほぼ半額の10万円程度で購入できました。
ショーケースを見て一目ぼれし、最新のSantaRosaプラットフォームを採用しているということも手伝って即決(笑)
今では上位パーツ(L7500や2GBメモリ、160GBHDD)を搭載したX61sが15万半ばですが、パーツ代を差し引いても差額は1〜2万程度のため、安いと判断したわけです
さらにショップの5年延長保証もつけてもらい、ノートンが半値で購入できるキャンペーンもあったので一緒につけてもらい総支払い金額は129300円でした(ポイントは10000程度ついたので実質12万ぐらい)
延長保証もつけると同仕様で20万ぐらい、キャンペーンのX61sでも17万ぐらいになるので、意外な掘り出し物だったと感じています
また、レビューをしていきたいと思います
posted by is200 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。