2008年02月22日

8800GTのデチューン版? NVIDIA GeForce 9600GT



21日に発表の9600GTの記事が載ってます。
やはり最近8800GTを買った私としてはかなり気になる内容・・・
以前からも8800GTのSPを削ったデチューンバージョンという話が出ていましたが、あえて9シリーズという新規シリーズを謳った理由はちょっと不明
(8800GTとリファレンスデザインはほぼ同じようですから)
これなら、8800GTも9800or9700GTと名乗って良かったのではないかと思うぐらいですが、やはり800の型番=ハイエンドという位置づけですし、そのCPの素晴らしさは既にいろんな場所で出ていますので、ユーザーとしては非常にCPに優れたハイエンドという感じでマーケティング的には良かったのかもしれません。

スペックも8800GTが112SPに対し、64SP
ただし、コアクロックは50MHz、メモリクロックは8800GTよりも200MHzほど早いようですが、基本的にはデチューン版という感じでしょう(ちなみにTDPが8800GTより10W減の95W)

記事ではミドルレンジ的扱いですが、これはミドルハイかローハイエンドに位置する物でしょう。
本来のミドルの位置128bitバスと噂される9500GTでしょうね
もしかするとGPUもロー、ミドル、ハイの3つのみでは分類分けするのが難しくなっているのかもしれません・・・(もっと詳細な分け方が必要なのかも)

結果を見るとやはり予想通り肉薄はしているものの今一歩追いつかないという感じですが、やはり今の時点では初値ということはあるものの、カード供給量も豊富かつ値崩れも起きてきた(私は24980円で買いました)8800GTの方が選択肢としては良いでしょう。(8600GTSとまではいきませんが、同じような事が起きそうな予感・・・)
posted by is200 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。