2008年05月16日

PC高速化計画第2弾 なんちゃってSSDを使う センチュリー シリコンディスクビルダーCF RAID

今日は高速化計画の第2弾です。

PCを使う上でボトルネックとなりやすいのがHDDの読み込み速度ですが、読み込み速度で確実に速度が出るデバイスと言えば、RAMディスクではありますが、前回も述べたように揮発性という特性上、データを常置しておく用途には適していません。
それが出来るデバイスとしてはGIGABYTEのi-RAMがありますが、DDRメモリしか使えないことと、電池によるバックアップが必要であること、容量も1GBメモリ×4で最大4GBしか確保できないため、やはり使い勝手はあまり良いとは言えません。(常に通電している用途には適しているとも言えますが)
もっと手軽に導入しやすいデバイスとしてSSD(ソリッドステートドライブ)がありますが、こちらも高速な物ほど価格も高く、容量も最大で64GB〜128GB程度とHDDには及びません。
システムと割り切って使うなら十分ですが、逆にこれほどまでの容量は不要のため、もう少しコスト安である程度の速度が得られる方法を模索していたところ、センチュリーより以前発売のあったシリコンディスクビルダーの存在を思い出し、探したのですが、既に完売で在庫は無し・・・
しかし、RAID5にも対応したシリコンディスクビルダーCF RAID SATA(SDB25CFS/R5)がタイミング良く発売

P1010400.jpg
早速捕獲いたしました(笑)

土台はゲットしましたが、次は土台に使うネタ(コンパクトフラッシュ)が必要となります。
ここを見て、SLCチップ搭載品かつ鉄板で安い物を調べていたところ、トランセンドの266倍速対応品がコストも安くそこそこスピードも出ることが分かり、8GBを3枚入手(1枚9800円)

早速装着してみました
P1010402.jpg
MBのS-ATAコネクタに直接接続し、速度も簡単に調査したところ・・・
--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 87.091 MB/s
Sequential Write : 37.199 MB/s
Random Read 512KB : 67.505 MB/s
Random Write 512KB : 10.220 MB/s
Random Read 4KB : 1.694 MB/s
Random Write 4KB : 0.105 MB/s

Test Size : 50 MB
リード性能はやはり高いです。



posted by is200 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。