2006年01月29日

3DMARK06

多分、ハイエンドマシンを購入しているようなユーザーなら、自分のPCの能力がどのくらいあるのかを知りたいと思うはずです・・・

ついに3Dベンチマークの最新版である3DMARK06がリリースされました。
バージョンがあがるごとに容量が大幅に増えるのでダウンロードするのは大変なのですが(汗)
フリー版は機能制限があるので、使えない部分はカットして容量を少なくしてくれないかなぁ・・・

まぁ、細かい話はおいておいて

とにかくこのベンチマークは敷居が高く・・・
最小構成が・・・

CPU:Pentium 4/2.50GHzまたはAthlon XP 2500+以上
メインメモリ:1GB以上
グラフィックスチップ:シェーダモデル2.0対応以上
グラフィックスメモリ:256MB以上
HDD空き容量:1.5GB以上

と大変レベルの高いモノを要求するベンチマークとなっており、その重さも超重量級です。
後、SM3.0のテストは対応したVGAカードでないと、機動すらできないようです(ラデのX800等は無理だそうです)

先代の05では・・・

CPU:IntelまたはAMDコンパチブルのCPUで動作クロック2GHz以上
メモリ:512MB以上
HDD:空き容量1.5GB以上
ビデオカード:DirectX 9,ShaderModel 2.0以上,ビデオメモリ128MB以上

でしたので、CPU,メモリ,ビデオカードの敷居が一気にあがりました

デュアルコアやデュアルVGAソリューションがだんだん浸透してきたこともあり、それらのアドバンテージを生かせるベンチマークとなっています。

構成は
CPU:Athlon X2 4400+
メモリ:DDR400 512×2(デュアルチャンネル)
VGA:NVIDIA GeForce 7800 GTX 256MB
で試してみました

というわけで早速試してみます・・・
一言で言えば

「重すぎる」

です・・・

CPUテストなんて本当に重すぎでFPSが0がほとんどです・・・

というわけで、トータルのスコアは4650ほど・・・

最新VGAのX1900でもシングルで5600ほどがいいところらしくやはり重いことを伺わせます。

実は余談ですが、はじめにインストールしたときはなぜか起動すると電源が落ちるという怪現象が起きていましたが、なぜかFDにアクセスして落ちることから、FDを使えないようにしたら起動できました。
posted by is200 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | PCハード関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。