2007年11月25日

DLNAアドオンを試してみる Infrant ReadyNAS NV+ 補足

ついでにMpegファイル(MPEG1)で試してみましたが、今度はTwonkyMedia側では認識せず、ReadyNas側で認識できました。
なんか条件によって再生できる物が異なるみたいですね・・・

こればっかりは追加で検証していくしかないかなぁ・・・
posted by is200 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

DLNAアドオンを試してみる Infrant ReadyNAS NV+

Infrant ReadyNAS NV+にはアドオンを追加して様々な機能拡張ができます。
その一つがDLNA機能です。

ただし、標準ではサポートされていないため、TwonkyMediaのサイトからアドオンを引っ張り出してくる必要があります(結構複雑なところにあるので見つけにくかったです)

ちなみにこちらにあります
ただし、試用版なので、30日間の制限付きです

追加すると以下の項目が増えます
test.JPG
これで準備は整いましたので、PS3で試したところ・・・
P1000886.jpg
認識されています。
「やったー」と思い、ファイル再生を試したところ・・・
P1000887.jpg
非対応データとなって再生不可に><
もちろんファイルはPS3で対応しているフォーマット(MP3)で再生できないはずはないのですが・・・

と思ったら、公式フォーラムにPS3のDLNA機能を使ったときの不備等が指摘されていました。
次期OSでは回避できるようですが、リリース直前といわれていながらまだ出ていないので、気長に待っていた方がよさそう・・・

ちなみに、サーバーとしては2つ認識されるようで、Twonkymediaの方は問題なく再生可能でした。(MP3,MP4動画ともに)
Infrant ReadyNAS NV+ではNGでした

DLNA機能を使いたい人は有料にはなりますが、アドオン料金を払えば使えそうです。
posted by is200 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

NTFSの罠【PS3】

前回の記事で接続したHDDを早速PS3に接続し、バックアップをとろうとしましたが・・・

認識しない・・・

手持ちのUSBメモリ等は認識できるのに、なぜ?

とおもっていたら、これが原因でした。

NTFSでフォーマットしていたので、あわててFAT32でフォーマットしようとするも、XPのディスク管理では32GB以上のFAT32フォーマットはできません・・・

有料ソフト等を使わなくてはいけないかなぁと思っていたら、バッファローのサイトで提供しているDiskFormatterですべての領域がFAT32にフォーマットできました。

サードパーティ製のHDD等はFAT32でフォーマットして出荷されているケースが多いですが、NTFSにしてしまった方はご注意を
posted by is200 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

HDDにも冷やし系?

今までバッファロー製のHD-HB160Sという外付けHDDに250GBのHDを入れて使っていましたが、インターフェイスがeSATAしかないので、USB2.0のケースが欲しいと思っていました。
そこでこんなユニークな製品があったのでかってみました。

冷やし系HDD検温番という、側面にファン、前面にファン回転数と温度が表示できるものです。

使ってみたところ、思っていたよりも静かで寝ていても十分使えそうです。(最近は静音にかなりお金をかけているきもしますが・・・)

早速、当方所持のPS3バックアップ用に使ってみようかと思います
posted by is200 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

Infrant ReadyNAS NV+ レビュー (パフォーマンスチェック編)

せっかくなので、PC内蔵のHDDと以前にメインで使っていたアイオーデーターのHDL-GT1.0と読み込み、書き込みの速度を比較してみました

上段:PC内蔵のHDDはSamsangのSP2504C(7200rpm S-ATA2 250GB)
中段:Infrant ReadyNAS NV+にSamsangのHD501LJを4台(7200rpm S-ATA2 500GB)
下段:HDL-GT1.0 SamsangのSP2504Cの4台

2つのNASの設定はギガビットイーサネットの元で、ジャンボフレーム(7KB)を使用し、後はデフォルトの設定で行っています。
ネットワークはコレガ製ギガビット無線LANルーターのCG-WLBARGNのDHCPサーバー機能を利用し、その直下にギガビットイーサネットハブのCG-SW05GTPLWを接続、ハブ側にNASを接続するという構成で試しています。

使用ソフトはCrystalDiskMark1.0
こちらからどうぞ

その結果は以下の通り
test.jpg

さすがに内蔵HDDと比較するとどうしても遅いのは避けられませんが・・・
HDL-GTは小さいファイルの転送速度は早めのようですが、大容量のファイルになると速度低下が著しく出ています。(100MBの試験はちょっと?な結果になっていますが)
Infrant ReadyNAS NV+ではX-RAIDのおかげか、大容量のファイルでも転送速度はそれ程低下していません
やはり、専用設計のハードウェアRAIDは安定しているなぁという印象です。
posted by is200 at 10:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

Infrant ReadyNAS NV+ レビュー (外観等チェック編)

今週日曜日にいろいろと検証してみましたので、細かくレビューをしていきたいと思います。

まずは外観チェック

右側面
P1000860.jpg

左側面
P1000861.jpg

上部面
P1000862.jpg

背面
P1000863.jpg
こちらはすでにファンを交換済みです。

はずしたファン
P1000864.jpg

取り付けたファン
P1000871.jpg

ファン交換の状況
P1000868.jpg

背面基盤
P1000870.jpg

前面HDD部
P1000873.jpg

前面液晶部
P1000875.jpg

とまぁ、こんな感じです。
ファンは標準のファンでも耐えられないほどの音ではありませんでしたが、自宅に残っていた静音のファンに入れ替えてみました。

ファンも前のコレガのように改造する必要があるかと思いましたが、そんな心配も無用で、特に問題なく、汎用品がそのまま使えました。

次回はアクセススピードについて検証します。
posted by is200 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

またまたNAS導入・・・ Infrant ReadyNAS NV+

以前使っていたコレガのNSC-4500GT
製品は非常に良いのですが、どうしても許せない事がありました

「ファンの音が大きすぎる」

というわけで、自室に置いていると電源ファンの高周波音と排気ファンの音がうるさすぎるので、排気ファンは改造していたのですが電源ファンは、やはり危険なので改造はしていませんでした

しかし、あまりのうるささに夜もあまり寝れず・・・(置く場所を変えればいいのですが、あいにくLANケーブルが届きません Orz)

というわけで、非常に思い切った投資ですが、NASで定評のあるInfrant製のReadyNAS NV+を導入してみました。

正直手軽に導入できるNASではありませんが・・・(購入価格は送料等入れて92640円!)
この際良い物を選んだ方が後悔が少ないだろうと思い、思い切ってポチりました。

P1000858.jpg

第一印象としては、かなりコンパクトなNASという感じで、この点はNSC-4500GTと同じぐらいのサイズでした。
ただ、ボディに通気用の穴が複数あったり、フロントのメッシュ調の空気導入口があるおかげで、冷却性能は上という印象ですし、高級感はあります。

肝心の音についてですが、このNASはファンレス電源なので、唯一音を出すのは排気用ファンになります。
電源を付けたその時点ではファンが高回転で回るので、「ブォー」という音が鳴りますが、数十秒で2000rpm周辺におさまるので、そうなるとかなり静かになり、許容範囲の音になります。
高周波音もなく、「ファー」という感じの排気音なので、少し離してやれば十分静かだと思われます。
(それでも、当方のPCよりは若干うるさいかな)
搭載ファンは以前のコレガと同じY.S.TECHというメーカーの9cm、0.23Aのファンです。
ただ、ハード側できめ細かくファン回転数の制御が出来るので、これは嬉しいポイントです

これから使い込んでレビューしていきます。
posted by is200 at 13:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

NASケース コレガ NSC-4500GT

以前500GBを4台購入したのですが、HDL-GT1.0はHD自体にシステムがはいっているため、いくら大容量のHDを搭載しても、当初のHD容量より増やせないことが判明したため、なんちゃって2.0化は不可能だったわけです Orz

というわけで、せっかく買ったHDを何とか使えないかなぁと思っていたところ、NSC-4500GTを発見し、評判もそこそこなので特攻することに〜

まず、初めの一声は

「う( ̄○ ̄)る( ̄◇ ̄)さ( ̄0 ̄)い( ̄△ ̄)な」

ですかね・・・
爆音・轟音というのはあながち嘘ではないかも知れません・・・
HDL-GTですらうるさいと感じてきたところにさらに追い打ちをかけるようなうるささです。
はっきり言って比になりませんヘ(><#)ノ

というわけで、レビューも書いておきました・・・
http://review.kakaku.com/review/05391310644/ReviewCD=95515/

でも、ファンと廃熱さえ何とかなれば・・・よい製品ですよ

後でファン換装も書きたいと思います
posted by is200 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

「おひつ」を買いました SONY VGF-DT1

P1000826.jpg

「白いおひつ」を買いました。
しかも4万オーバーで・・・

日本初のPC用外付け地上,BS,110度CSデジタルチューナーである、VGF-DT1です。
PCだけではなく、D端子接続でTV用のチューナーとしても使えます。
この製品、結構相性等が激しいので、玄人向けの製品なのですが・・・
当方の環境では、全く問題なくすんなり導入できたので、ちょっと意外でしたが・・・
トラブルなしなのは良いことです^^
なぜこの製品を買ったかというと・・・

J4468を壊してしまったからです(泣)

その経緯は以下の通り
1.新規に組むため、マザーボードをGIGABYTE GA-P35-DS4を購入
2.以前にも検証しましたが、地デジチューナーが使えるかという興味を持ち、DS4へ取り付けてドライバ、ソフトを導入
3.当然のことながら起動せず(これは分かっていたことですが)
4.再度元のマザーに取り付けしたら・・・ドライバ、ソフトはインストールできるものの、アプリが起動できず(泣)
しかも、P35マザーの方も起動時にエラーが出て、CMOSクリアをして復帰する始末・・・

今の組み込み地デジチューナーボードはPIXELAが多いと思いますが、ほかのもので流用できないようにマザーボードとチューナーでハードウェアレベルかソフトウェアレベルか分かりませんが、ほかのもので使うと二度と使えなくなる自爆装置が付いているような印象です・・・(爆)

というわけで、外付けで使うには専用の外付けをということで購入しました^^;

ちなみに構成は
マザー:GA-P35-DS4 (Rev 2.0)
CPU:Core2 Quad Q6600 2.4GHz
メモリ:DDR2 667 1GB×2
HDD:660GB (250GB×2+160GB×1)
光学:Pioneer DVR-A09-J
VGA:Gigabyte GV-NX86T256H GeForce 8600GT GDDR3 256MB HDCP対応
サウンド:ONKYO SE-150PCI
ケース:Antec NineHundred
電源:Antec Phantom350
モニタ:BenQ FP241W

HDCP,SCMS(ただし、SE-150PCIでは、サウンドカード側の光出力をPCMのみにしないとエラーが出ます)の問題もほとんどなくクリアし、無事に起動できました

付属ソフトウェア、VAIO DIGITAL TVをJ4468の操作体系(PIXELA)と比較すると・・・

AV関係に強いSONYだからでしょうか・・・
直感的に、しかも操作レスポンスも早いし、不具合もなく、初めからこっちにしておけばよかったかなと思うぐらいです・・・
(当初、相性等が怖くて手を出せませんでしたが、情報も集まってきたこともあり、導入しました)

ただ、希望としては
1.PCでみるときもリモコンが使えるとよい
2.バーチャルリモコンのみの操作ではなく、各種ボタン操作(特にデータ放送)は画面のクリックにも対応してくれるとよいかな・・・

アクティベーションキーも追加購入して、2台分で共有できるチューナーができたので満足です
posted by is200 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

やっぱりウォークマンを意識しすぎた?

http://ascii.jp/elem/000/000/067/67690/index-2.html

最近巷で話題になっているRollyですが、やはりこのコンセプトを理解できない人には高い買い物というイメージになっているようですね。

初めての試みは非常に高く評価できますが、なかなか受け入れられないのも事実ですかね〜
posted by is200 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

PSPのワンセグ機能を試してみました

新型PSPで搭載されたワンセグ機能を試してみました。
やはりワンセグなので、過大な期待は禁物ですが、おもちゃ程度で考えれば十分使えるかなという印象です。
データ放送も十分綺麗に見えますし、大きさも十分
携帯よりは使いやすいかも・・・
さすがに全画面表示してしまうとブロックノイズが目立ちますが・・・

その分音声ははっきりと聞こえますね。
P1000808.JPG

やはり屋内の受信感度はかなり低いですが、受信すればすぐに表示されますし、思ったよりは使えるという印象です。
今後のアップデートでは録画機能や予約機能が付くことを期待しましょうかね〜
posted by is200 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

新型PSPの画面表示具合の検証

新型PSPは外部画面出力ができます(D端子・コンポーネント端子のみ)

というわけで、手持ちのWUXGA液晶であるBENQ FP241Wにて表示具合をテストしてみました。

まずは1:1のドットバイドット
P1000797.JPG

さすがにドットバイドットでは小さくてちょっと使い物にならないかも・・・

次に全画面表示
P1000800.JPG
若干ドットの荒さは目立ちますが十分実用に耐える範囲です。

実際のゲーム画像(ネタ元:ヴァルキリープロファイルレナス)
P1000807.JPG
若干失敗気味ですが、ドットの荒さはありますけど、十分使用に耐えられるレベルかと思います。
posted by is200 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

10th anniversary クライシスコア ファイナルファンタジーZ

7月の下旬頃に、ダメ元でAmazon予約をしておいたやつが14日に届きました。
14日は時間がなかったので、次の日に開封したわけですが・・・
P1000789.JPG

ちなみに私のシリアルナンバーは4万代後半でした
でも、新型PSPが手に入っても周辺機器は通常の新型の発売日と同じなので・・・
とりあえずワンセグチューナーも予約したので、届き次第試してみることにします。
ちなみにクライシスコア ファイナルファンタジーZは最近のスクエニ作品の中ではおもしろい部類ですね〜
posted by is200 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

「オープンなコンビニエンス」が明暗を分ける・・・ ATRAC廃止戦略に対する私見

http://ascii.jp/elem/000/000/063/63878/
おもしろい記事が載ってました。

過去にSONYは中国市場でATRACサポート無しでD&D可能という日本ではあり得ない仕様のウォークマンを出していました。

この仕様のウォークマンなら欲しいなぁと思っていましたが、日本で実現するべくもなく、月日が流れました。

しかし、先日ついに米SONYがATRACを捨て、D&D可能でDRM付のWMA等のデファクトスタンダードとも言えるオープンなフォーマットを採用する戦略に転向しました。
これは、フォーマット戦略に対する誤りを認めたって事を象徴する出来事なのかなぁ〜と感じます。

このATRACと言うフォーマットは私もMD世代ですから当然使ってきましたけど、正直使い勝手はお世辞にも良いとは言い難い内容でした

1.MP3やAACで当たり前に出来ることが、ATRACにはできない・・・
特に過去バージョンではデータの移行・バックアップについてはスムーズとはとても言えなかった。
一度専用形式に圧縮して再度専用ソフトで解凍を行うと言う感じで、時間もかかりました。
それを知らなかった私は外付けHDDにファイル単体でそのままバックアップを取っていたため、PCがクラッシュした際に新しいPCで使おうとしても使えず、全てのファイルが削除するだけの意味のないデータとなってしまったのは苦い思い出です。
今は改善されているらしいが、やはりファイルをそのまま外付けHDD等に保管しておくだけでバックアップが取れ、どんなPCでも聞けるMP3などの使い勝手には叶わないでしょう。

2.使えるプレーヤーの制約が大きい
ATRACはATRAC対応機器のみでフォーマット変換も効かないため、ATRACの場合は必然的にATRACを主力に展開するSONYを選択するしかない
他メーカー機種で欲しいと思っても、フォーマット制約で使えずに泣く泣くSONYを選択したユーザーさんは多いと思います。

3.自分で録音できる機器数に限界があった(今は撤廃)

これは、テープでダビングを繰り返した世代には衝撃的な内容でしょう・・・
自分で録音して自分で聞くだけなのに録音できる回数を限定されなければいけないんだ?というのが率直な意見だと思います。(デジタルデータであり、劣化も全くないことから著作権保護という観点もあるので、これに関しては仕方ないことなのかも知れません)

4.ソフトの熟成に時間がかかりすぎた(今になってやっと使えるような物になった)

正直、当初のOpenMGJukeboxやSonicStageの初期バージョンは「重い・遅い・不安定」と言った感じで、サクサク感が全く感じられないものでした・・・(私はこの時点で使うのを止め、WMPに転向しました)
バージョンアップを重ねるにつれて徐々に改善はしましたが、その次に出た悪夢とも言えるConnectPlayerのあまりの出来の悪さによって、ハードの良さがソフトによって打ち消されてしまうという状況は止まらず、さらに拍車をかけることになってしまいました。

私はこの選択を歓迎したいと思います。
正直SONYハードはATRAC以外のフォーマット対応等で魅力は増していきましたが、唯一我慢できなかったのはD&Dが使えなかったことです。
USBメモリライクな使い方のプレーヤー(始めに買ったのはアイリバーのH340)を選択してきた私にとっては、転送方法ぐらい選ばせて欲しく、D&D機能は譲れないとつくづく思っていました。

この機能を付加することで、今まで取り込めなかったソフト転送否定ユーザーも取り込めるのではないかと思います。

iPodはソフト転送ではありますが、SONYとはやはり性格が異なります。
itunesの使いやすさ、AACと言う他プレーヤーでも使える使い勝手の良いフォーマットと宣伝戦略、そしてDRMフリーの音楽配信等、ユーザーに負担を感じさせないような制約を付けた上で、いち早くユーザーの欲するトレンドを取り入れてきたからこそ今の様に強大なシェアを確保したのだと思います。

多分日本でATRACをいきなり切り捨てることはないでしょうが(そんなことをしたら暴動が起きますねw)、米SONYの仕様にプラスしてATRAC対応とソフト転送対応が含まれれば、ついに買い換えの対象メーカーとして選択肢に上がってきそうです。
後は、米SONYのようにATRACが市場から消え去る可能性が濃厚であれば、ATRACファイルをAAC,WMA(DRM)ファイルに変換できれば最高かなぁと思います。
posted by is200 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

突然非正規品に・・・(Vista)

本日、PCを付けたとたん以下のようなメッセージが・・・

「ソフトウェア偽造の被害者である可能性が・・・」

というわけで、起動ができず・・・

↓こんな表示も・・・
vista1.jpg
何かパーツを組み替えたり、インストールをしたりしたわけではないのに・・・

というわけで、久しぶりに電話認証しましたよ・・・

なんか調べてみると、急にこのような表示が出るケースがあるようで、パッチも出てるようです。
http://www.acer.co.jp/support/faq/pc/pc070524003.html
正規品を非正規品と判断するOSはどうかと・・・
posted by is200 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

大手メーカーといっても安心はできない・・・

自宅のLAN環境をギガビットにするため、バッファローのWZR-G144NH/Uを購入したのはよかったのですが・・・
これが相当の曲者でした・・・

突然「接続無し」との表示がされる

原因を調べていくとどうやらIPアドレスの再振り分けがうまくいってない様子・・・

メーカーサポートに聞いても、建設的な回答が得られず(というか、非常に質が低かったのですが・・・)結局購入店舗で別のルーターに変えてもらいました(コレガにしておきました)

今までバッファロー製品は特に問題なく使ってたんですが・・・
最近はメモリもNGで相性が悪いみたい・・・
posted by is200 at 05:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

そりゃ買い控えも起きるでしょう・・・

格安地デジチューナーや、コピーワンス議論の見直しなど、デジタル放送に関する大幅な路線変更が発表されていますが、そもそもこうなることはずっと前から言われていたこと・・・
正直@4年で完全移行するのはかなり厳しいでしょうね・・・
絶対に2011年7月には
「TVが見れないぞ?」
と言う質問が家電メーカーやTV局、電気屋等に殺到する気がしてなりません・・・
そういう私も地デジ対応のTVを諭吉18枚で買いましたが、もし、5000円のチューナーが有れば、今のアナログTVを使い続けるでしょうね・・・
特に高齢者の世帯とか、見られればOKという家庭なら双方向通信だとか、高解像度の画質が必要になるとは思えませんし、アナログの機能で十分ですから・・・


posted by is200 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

相性に悩むとは・・・

私のサブPCで、ほぼデータサーバーの24時間稼働Lavie RX(A4軽量ノートでMラデ9600搭載のタイプ)ですが、スワップ発生が激しいのでメモリを512MBから1GBに搭載しようと、512MBのメモリを2枚買って、オンボードメモリも一緒に変えようと試みました。

使用したのはバッファローのDN333-A512Mのバルクだったのですが・・・

電源をつけても全く起動しません・・・

ぴーぴーエラー音が鳴りまくるだけで起動しませんでした・・・
と言うわけで、次の日に返品依頼・・・

というわけで、方向性を変えて512MBでXPであればネットサーフィン程度なら十分こなせるはずと考え、メモリチューニングを行ってみました。

参考サイトは以下の通り
http://journal.mycom.co.jp/special/2003/gigamemory/

これだけでも、体感速度がかなり改善しました
XPで遅いと思っている方は試すとよろしいかと・・・

後はHDDも4200rpmでちと遅めでたまにカリカリと嫌な音がするので、HDDの寿命を考え、アイオーパッケージの60GB,7200rpmHDDが安く売られていたので購入しました(HDN-60HS 送込み8930円)
明日届くのでパフォーマンスアップに期待したいと思います
posted by is200 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

暑い夏に試してみました ノートPC冷却グッズ サンワサプライ TK-CLN7USV

夏はPCにとっても厳しい季節ですが、私の所有するLavie RX (14.1型のBanias Pentium Mノート)ですが、ビデオチップも独立して積んでいる(Mラデ9600)ため、低温やけどしそうなぐらいに発熱します。
壊れる兆候はないですが、やはりあれだけ熱いとファンもがんがん回ってちょっとうるさい・・・

というわけで、サンワサプライのTK-CLN7USVを試してみました。
どうやらZALMANファン搭載かつ冷却部分はアルミ筐体なので、非常に冷えますし、ファン速度も低回転では非常に気にならないのに冷却能力もそこそこ高いですね。

とりあえず低温やけどはしない温度まで冷却できてます。

でも、価格は高いですね・・・ (定価15000円って・・・)
アマゾンで7200円で売っており、それにポイント使って実質6000円以下で買えました^^


posted by is200 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

液晶TVの購入と接客に対する私見

ボーナスでたのでPCモニタ兼用のTVを買いました^^
P1000620.JPG

シャープのAQUOS LC-37GS10です。
個人部屋に置くにはさすがに37型は大きすぎました(笑)
GX1Wとも迷いましたが、個人部屋で使うことを考えると、ダブルチューナー不要(チャンネル競争無し)、インターネット接続は使わない、細かいところのブラッシュアップがGS10のほうがはかられていると言うことで購入に至りました。
亀山工場のフルHDパネルというのはやはりブランド意識をそそります

24インチワイドのPCディスプレイがすごく小さく見えます

シャープのHPではDVI-I接続の場合SXGA+までしかサポートしていないと書かれてますが、デジタル接続(DVI-D)ならちゃんとフルHD解像度も使えます(実際に使えてます)

そこで本題ですが・・・
1.Y電気、2.タイガースの電気屋、3.名古屋に拠点のある電気屋と交渉し、結局3番目の店舗で購入(18万也)
3番目の店舗は質問に対する回答や、積極的に顧客に接しようという気が見えていいですね。
1番目の店舗はかなり印象悪かったですね・・・
店員を呼びたいときになかなかいなかったりこない事が多い・・・
他店より値引率も微妙で、他店の方が安かったと説明しても、他店の交渉価格が分かる書類みたいな物を持ってこないと値引き対応できないとか言われるし・・・(ちなみにこんな事といわれたのは初めてです)

というわけで、そそくさと退散

店員の対応も微妙・・・
そのときに消耗品を買いましたが、レジで顧客に対してありがとうの一言もないのはどうかと・・・
というわけで、今後1番目の店舗で買い物をするのはゲームと消耗品だけになりそうです
というか、店舗のレジの構成ってなんか間違ってるような気がする・・・
消耗品を買うのに何で近くにあるレジじゃなくてわざわざ総合レジにいかなきゃいけないんだろう・・・
結構、これを思ってる人多いんじゃないかな・・・

2番目の店舗は対応もよく価格も負けず劣らずでしたが、配送日がかみ合わない、延長保証に追加料金がかかると言うことでパス・・・(価格は魅力的だったなぁ・・・)
posted by is200 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。